風の民

  music:A Winged Angel


 名無し祭り’09 参加作品

 

〜遊び方〜

リズムに合わせて、下からやってくる矢印などが画面上部のオブジェに重なったときに対応するキーを押すゲームです。

矢印は各矢印キー(←、↓、↑、→)、右端のキャラクターはスペースキーを押してください。

半角にしないとスペースキーを押したときにうまく反応しないようです

また、「BackSpace」キーでリトライ、「Delete」キーでギブアップです。

 

 

譜面ファイルを現在私が使用しているソースに乗せたところ、

低速時に矢印が上手く動いてくれないバグが発見されました。

 

祭に提出したソース、すなわち最新版のティックルさんソースでは問題なく動いていたので、

しばらくは祭りに提出したSWFにての作品公開とさせていただきます。

 

つきましては、現在私が使用しているソースをティックルさんの最新ソースに

バージョンアップさせた後、SWFを差し替えるつもりです。

予め、ご了承ください。

6/6 差し替えました。

 

 

 

 

というわけで、自分は14番でした。      

ここ最近、普通の音ゲーとは一線を画した作品を作ることの多い(と自分では思っています)私ではありますが、
今回は「あえて」そういった譜面でこの名無し祭りに挑みました。

理由は主に以下の3つです。


1つ目は「曲の雰囲気を引き出そうとした譜面であること」がきちんと伝わるのかどうか
2つ目に「曲の雰囲気を表現すること」それ自体が「良譜面」としてきちんと認められるのかどうか。
3つ目に、それらのことを掴み取り、かつこういった譜面が好きだと言ってくれる人が私以外に果たしてどれだけいるのか。


まぁ元々「曲の持つ雰囲気が生きるような作品を作る」ということは、Shining Gloryのころから
私の製作方針の根幹としてずっと志してきたことではあるのですが、
あの当時は譜面製作においてまだまだ新米なこともあって、そこまで思い切った譜面を作ることは出来ませんでした。
あまりに独りよがりな作品を作ってしまい、単なる自己満足で終わってしまうことが怖かったから。


その辺を払拭してくれたのが、No10の涼儚です。
あの作品を作って、公開して、多くの方々から之までで最も大きな評価を頂きました。
それ以来、自分を邪魔していたモヤモヤが晴れ、何かに恐れることなく
表現したいことを思う存分表現出来るようになった、と自分では思っています。


さて、通常作品としてこういった作品を公開する度に、一部の方々からは
非常に良い評価を頂いてきました。

そうなると、人の欲望って言うのは果てしないものでして、次にはこういう野心が生まれます。
「じゃあこれは、ダンおに界全体としてはどの辺の位置づけにあるの?」


今自分がやっていることは、ダンおに界でどの程度認められるものなのだろうか
良譜面を目指した作品が出揃うこの祭りで、こういった作品はどのような評価を受けるのか

それらを確かめたく、今回の祭りに参加させて頂きました。





選曲ですが、今回は kazuyan 様の「風の民」を使用させて頂きました。
初めて聞いたのはおそらく昨年のちょうどこの時期。

F#mって、寂しくて物悲しさがあって、自分の最も好きな調でして。
6/8拍子がそれらをさらに引き出すこの曲、一度聴いた時からすっかり虜になり、
いつか必ず作ろう、と心に決めていました。

他にも雰囲気が好きな曲、特にボーカル曲の候補も幾つかあったのですが、
流石にこれ以上趣味を押し出した選曲したら、本当にきちんと評価して貰えるか
ちょっと不安だったのもありまして;





結果としては24位。5key内ではちょうど中間くらいの位置です。しかしそんなことよりも私にとっては、
15票もの票を頂いたこと、コメントにて大変ありがたい評価をしてくださった方がいたこと、
何人かの方には、雰囲気を生かした作品として良い評価をして頂けた事、等等がわかって、非常に嬉しかったです。


もちろん、厳しい意見も頂きました。
特に音ゲーとして打つ楽しみを求める人にとっては、この譜面は単調でおとなしい譜面に感じるのも
仕方がないと思いましたし、承知の上でした。
流石にこの一風変わった趣旨の譜面が、万人に受け入れられるのは難しい事だなと思いました。


タメになる意見、ありがたい意見も頂くことができ、非常に良い経験、勉強となりました。
今回の経験を糧に、よりいっそう精進して行きたいと思います。

コメント・レビューをしてくださった皆様、投票をしてくださった皆様、
そして、この作品をプレイしてくださった皆様、
本当にありがとうございました。


また、素敵な楽曲を使用させて頂きました kazuyan 様に無上の感謝を。
本当に、ありがとうございました。


譜面解説はこちら

 


 

感想、意見、批判、バグ報告はこちらまで

suisyonoshizuku(雫)hotmail.co.jp 

(雫)を半角の@に変えてください